Home / Blog / 鳥取西高校で「先輩に聞く」講演会  2018.6.14
206月 2018

鳥取西高校で「先輩に聞く」講演会  2018.6.14

母校である鳥取西高校で「先輩に聞く」講演会で話をする機会をいただいた。
いまの仕事のやりがいや高校時代のことを紹介してほしいという趣旨だった。
私は全校生徒を前に「遺伝子から地域医療まで」というテーマで自分のキャリアを紹介した。
今の地域医療学講座にかかわる経緯、高校で医学部を目指した理由、大学時代と仕事を始めての苦労や、
重要な人生の岐路などをエピソードを交えて紹介した。

振り返ると、臨床→研究→教育と人生でいくつか重要な転機があった。
私は計画的というより、むしろ自分の好奇心と直観にしたがい、道を選んできたように思う。
クランボルツのいう「計画された偶発性」理論がよくマッチしている。
つまり、人生で出会う偶然を積極的に利用せよ。
その際に、好奇心、楽観性、持続性、柔軟性、冒険心を大切にすること。
自分はどうやら好奇心と冒険心だけはあったようだ。
後輩たちには、「人生は計画通りにいかない、偶然を楽しみ、直観を大切に」と伝えたかった。
ひとりでも多くの生徒が、学び続けることは喜びであることを、心にとどめてほしいと思う(谷口記)。

BY tottori-idai-main 0