学生の皆さんへ

Home / 学生の皆さんへ / 学生の皆さんへ

 

 

 

本日のお知らせ Today’s News

学生の皆さんへの毎日のお知らせです。

過去のお知らせはこちら

 

 

 

学年別情報 Each grade Information

医学科

医学科1年生~6年生のカリキュラム一覧です。
2018年4月時点でのご自分の学年のページをご確認ください。

 

ポートフォリオ提出はこちらから
※外部サイトに移動します

 

 

 

カリキュラム外教育について Supplementary Classes

カリキュラム外教育は、通常の講義・研修では補いきれない内容をより深く、より実践的に学べるシステムです。

カリキュラム外教育一覧
募集受付中

黒坂春夏秋冬セミナー

鳥取大学医学部の医学科、保健学科、さらにYMCA(米子医療福祉専門学校)の学生が一緒になって日野町黒坂地区を1年間定期的に訪問して、地域を知り、地域の文化に触れながら課題を抽出していく活動です。

募集 受付中 大山プロジェクト 昨年好評だった「梨農家訪問」の続編です。今年度、開山記念のイベント目白押しの大山町で楽しく学び、農業や自然を体験できます。住民の方と交流しながら生活や健康について聞きとりをします。
募集 受付中 ベーシック総合診療コース
授業では経験できない、低学年向けの臨床的内容、例えば、肩こりや風邪といった身近な健康相談、簡単な診療などを早期から体験し、臨床の学びをサポートします。黒坂セミナーへの参加にあたって学内で準備する過程も含みます。
募集 受付中 EBMマスターコース(アドバンスト総合診療コース) 文献(論文)の検索方法、批判的な文献の読み方やエビデンスを理解した上で臨床現場に適用するスキルに関して1年間で学ぶコースです。コースを終えれば、論文検索や論文の批判的な読み方が身につくかも!
募集 受付中 アドバンスト総合診療コース より実践的な様々な症候を持った患者さんの模擬診察を通し、「使える」臨床力を鍛えます。OSCEや臨床実習より一歩先の外来診療スキルを磨きたい方にオススメのコースです。
募集 受付中 McWhinney読破コース 家庭医療学の成書であるMcWhinneyを毎週少しずつみんなで読み合わせをしています。英語力も身につきますが、家庭医療、地域医療、総合診療とはどのような医療なのか、深く議論することが好きな人にオススメです。
募集 受付中 サマーセミナー 鳥取県主催で夏休み期間に県内の医療機関での実習を受け付けています。実習内容や期間などに関しても、相談可能です。希望に応じた実習を学年に関係なく実施できます。
募集 受付中 スプリングセミナー 春休みに開催される鳥取県主催の県内医療機関実習です。こちらもサマーセミナー以上に、フレキシブルな対応が可能となっております。学外医療機関での実習山口、島根、兵庫県庁が企画する病院実習など、県外医療機関での実習です。参加者は別紙の受講票に記入してもらい、地域医療学講座に持ってくれば受講証明とします。
募集 受付中 英国家庭医療研修 厳正な審査あり。学生の選抜を行なって、春休みに実施する英国家庭医療研修です。GP(家庭医)制度の進んだ英国でGP診療所を訪問しながら日英の医療制度の違いを学んだり、実際の診療を見学したりします。
募集 受付中 学会参加:日本プライマリ・ケア連合学会(JPCA) 全国から総合診療医が集まり学術的な交流や様々な教育的なワークショップなどが開催されます。医学生の発表もあり、全国の医学生と交流するチャンスもあります。
募集 受付中 学会参加:国際家庭医療学会(WONCA) 国際的な総合診療、家庭医療の研究、ネットワーキングを行うことのできる場です。学期中の開催や金銭面での負担はありますが、チャレンジしたいという人のご連絡をお待ちしています。
募集 受付中 JPCA学生・研修医のための夏期セミナー 全国から250名の学生、研修医が集まり、2白3日で家庭医療を学ぶ合宿型のセミナーです。全国のドクターGをはじめ総合診療医は100名以上集まって様々な教育を提供してくれる場でもあります。
募集 受付中 中四国地域医療フォーラム 地域枠制度のあり方や地域枠の卒前教育、卒後のキャリアパスについて中四国の大学、県関係者などが集う場です。地域枠の学生のみ応募できます。  

サマーセミナー、スプリングセミナー以外の医療・福祉機関(病院、医院、診療所、老健施設、医師が主催する学外活動)での実習・活動参加の際は、こちらの参加証に担当者を記入していただき、地域医療学講座まで持参してください。

カリュキュラム外教育申し込み

<重要>H30カリキュラム外教育  ー応募者の選考とお知らせ(H31.1.9現在)

5月初めまでに応募いただいた各プログラムの応募者と惜しくも受講できなかった人たちに、H31.1.9時点での状況をお知らせします。

 

スプリングセミナー,他病院実習 スプリングセミナーは毎年2月末から3月まで開催されます。詳しくは鳥取県医療政策課のWebサイトを随時確認してください。

医学生スプリングセミナー2019参加者募集ページ

島根、兵庫、山口などで病院実習するみなさんは、各県の医療機関の方々に参加証明をしていただき、地域医療学講座の浜田か事務まで持参ください。参加証明書証はこちら

McWhinney読破コース 毎週水曜日、昼休みの時間帯で開催しています。希望者以外でも飛び入り参加OKです!第2中央診療棟4階地域医療学講座にて行っています。


鳥取県では、県内の地域医療を担う医師を養成するため、鳥取大学において医学を専攻する者で、将来、鳥取県の地域医療に貢献する意思が ある皆さんに対し、修学上必要な資金(奨学金)を貸与する「鳥取県医師養成確保奨学金(地域枠)」を設けています。

地域枠(奨学生)の皆さんへ Scholarship student

地域枠について詳細はこちら
※外部サイトに移動します

 

地域枠対象者の提出レポートについて

地域枠の学生の皆さんは、毎年以下のレポートを提出する必要があります。 それぞれ詳細をご確認ください。

毎年1月 地域枠年度末自己評価 年度末自己評価の記入項目です。

期限:2019年1月31日(木)24時まで
メール送信先:cbfm.tottori.tiikiwaku@gmail.com
件名:地域枠H30年度末自己評価 学年 学籍番号 氏名

※本文にも必ず学年 学籍番号 氏名を記載のうえ提出してください。

1)目標、行動目標を踏まえた自己評価(10点満点)
2)参加したプロジェクト、活動
3)参加した活動と今年度の振り返り

※現時点で未参加者は、2.3に今後の参加予定を記載してください。

毎年4月 地域枠年次目標 毎年度はじめの学習計画に関する記入項目です。
H30年度の年次目標提出は、4/23地域枠総会にて行いました。