Home / Blog / 8月のレジデントデイ
168月 2019

8月のレジデントデイ

8月10日に8月のレジデントデイが行われました。
今回はこの度、さいたま市民医療センターから公立浜坂病院に来られた板垣健介先生、岡山家庭医療センターから小児科研修で鳥取市立病院に来られている田中道徳先生にもご参加いただき、大変盛り上がる1日となりました。
(写真を撮るのを忘れてしまい、盛り上がりの様子を写真でお伝えできないのが大変残念です)

①板垣先生の自己紹介
板垣先生よろしくお願いします。
大変盛り上がるように感じております。

②専攻医 ポートフォリオ書いてみよう
中井先生からは小児科研修中に経験した腸重積の一例を診断エラーの内容を含めて発表いただきました。大塚からは総合診療研修中に独居の方が入院して家に帰るまで色々ありましたという症例を発表しました。
それぞれ初ポートフォリオで、まだまだ未熟な部分ばかりの内容でしたが、皆様からも様々なご指摘をもらい次回以降の診療に活きていくと思います。

③李先生の受験体験記
先日実際に家庭医療専門医を受験された李先生から受験の雰囲気など、受験した人しか分からないような実際の感覚を共有いただきました。
受験までにはいろんな大変なポイントがあり、こう言ったところは早めに、など実践的なアドバイスも頂きました。
李先生、受験お疲れ様でした!

④田中先生から岡山家庭医療センターでの経験について
田中先生からは実際に経験された症例からの学びやこれまでの研修での経験をお話しいただきました。田中先生からも非常に実践的なアドバイスも頂くことが出来ました。田中先生、引き続きよろしくお願いします!

なかなか文章だけでは伝わりにくいレジデントデイ。
実際どんなだろう?と思われたら、是非総合診療研修も一考してみてくださいね。  (大塚)

BY tottori-idai-main 0