活動紹介

Home / 活動紹介 / 活動紹介

 

 

 

教育 Education

地域医療学講座では、医学部における医学教育にも力を入れています。医師を育てる社会的責任のある医学部、そこにおける教育のあり方、教育のデザインから個々のカリキュラム、一つ一つのTeachingまで、じっくりと考え抜いて実施しています。特に外来教育、総合診療教育を中心に行っています。学生の皆さんには講義や実習での教育を提供するだけでなく、進路相談や実習希望に関する相談、教育へのフィードバックなども随時受け付けています。

学生教育の詳細はこちら

卒後教育医学部を卒業した医師に対しても、教育は重要です。初期研修医、そして総合診療を中心に各種専門分野のトレーニングを行う専攻医、専門医となった後のフェローシップや生涯学習など様々なフェーズの医師に対して、生涯学び続けることのできる地域医療、総合診療の奥深さを教育します。臨床現場だけでなく、プライマリ・ケア研究や行政、教育に理解のある総合診療医の育成も行なっていきます。

卒後教育の詳細はこちら

 

 

 

研究 Research

地域課題研究
地域における課題に関し、健診(検診)データ、保険データなどの各種データ分析や行政と連携したアクションプランの創出などの政策研究などを行なっています。広く鳥取県における研究、特に鳥取県西部、日野町などと連携した活動を行なっています。
特定健診について 鳥取市平成24年度特定健診受診者を対象とした研究 (浜田)
特定健診で生活習慣病ハイリスク者とされた医療機関未受診の集団に対する保健師による接触がどのような効果を及ぼすかに関して研究しています。
地域コホート研究 鳥取江府研究の予後調査(浜田、谷口)
糖尿病スクリーニング、健診データのフォローアップ、adiponectinとの関係や患者の発症疾患などに関するコホートです。Ohkura T, Taniguchi SI, Osaki Y, et al. Lower fasting plasma glucose criteria and high triglycerides are effective for screening diabetes mellitus in the rural Japanese population: the Tottori-Kofu Study. Rural Remote Health. 2011 Jul-Sep;11(3):1697. Epub 2011 Aug 26Ohkura T, Taniguchi SI, Inoue K, et al. Screening Criteria of Diabetes Mellitus and Impaired Glucose Tolerance of the Japanese Population in a Rural Area of Japan: The Tottori-Kofu Study Yonago Acta medica 2009;52:105–114.糖尿病患者における尿酸と尿糖との関連(浜田)
医療費研究 日野町国民健康保険を通して医療費と関連因子の研究

2016年第7回日本プライマリ・ケア連合学会(ポスター)
医療依存度の高い患者に関する実態調査(朴)

多職種連携
地域における様々な職種や立場の人が協働することの意義や効果に関して研究しています。
地域における多職種連携の実践 見える事例検討会とその効果判定(井上)
非医療職との連携実践による効果 2016年第7回日本プライマリ・ケア連合学会(口演)
非医療者(デザイナー)が地域医療連携事業を通して受けた心理的影響に関する質的研究(朴)
医学教育研究
医学教育、特に地域医療や総合診療教育に関して、様々な手法を実践しながら研究も行なっています。特に実習、振り返りの教育効果や僻地医師の人材確保などに関する研究を行なっています。
教育活動に関連した研究 2017年 第49回医学教育学会 口演(浜田)
課外イベントが学生・教員のアクティブラーニングに繋がった一事例
地域枠学生対象に開催してきた大山合宿の企画運営を通じて、教育者の役割と限界を知り学習者と協同的に学び生涯学習者を育てる姿勢で関わることに取り組んだ2015年 第47回医学教育学会 口演(浜田)
当学医学部地域医療体験に対する学生からのカリキュラム評価~VAS形式アンケートから~ (2015): 医学科4年次実習から
卒前教育におけるプロフェッショナリズム 卒前教育における製薬企業と医学生の関わりに関する調査(朴)
地域医療教育総説 Taniguchi SI, Park D, Inoue K, et al. Education for Community-based Family Medicine: A Social Need in the Real World. Yonago Acta Med. 2017 Jun 26;60(2):77-85.
医療資源に関する研究
ヒトモノカネなどの医療資源の分配やその歴史についても研究対象です。
地域医療人材に関する研究 2017年 14th World Rural Health Conference(ポスター)

Japanese history of medical doctor recruitment in rural areas(朴)

医学生物学的研究
地域で必要とされる医学的な研究も対象範囲です。
生活習慣病 Hamada T, Ichida K, Hosoyamada M, et.al. Uricosuric action of losartan via the inhibition of urate transporter 1 (URAT 1) in hypertensive patients. Am J Hypertens. 2008 Oct;21(10):1157-62. Epub 2008 Jul 31. PubMed PMID: 18670416.

Hamada T, Mizuta E, Kondo T, et. al. Effects of a low-dose antihypertensive diuretic in combination with losartan, telmisartan, or candesartan on serum urate levels in hypertensive patients. Arzneimittelforschung. 2010;60(2):71-5. PubMed PMID: 20329654.

Hamada T, Mizuta E, Yanagihara K, et al. Plasma levels of uridine correlate with blood pressure and indicators of myogenic purine degradation and insulin resistance in hypertensive patients. Circ J. 2007 Mar;71(3):354-6. PubMed PMID: 17322634.

Hamada T, Kuwabara M, Watanabe A, et al. A comparative study on the effectiveness of losartan/hydrochlorothiazide and telmisartan/hydrochlorothiazide in patients with hypertension. Clin Exp Hypertens. 2014;36(4):251-7. Epub 2013 Jul 18. PubMed PMID: 23865441.

Hamada T, Yamada K, Mizuta E, et al. Effects of cilnidipine on serum uric acid level and urinary nitrogen monoxide excretion in patients with hypertension. Clin Exp Hypertens. 2012;34(7):470-3. Epub 2012 Jun 8. PubMed PMID: 22681507.

Kuwata S, Taniguchi SI, Kato A, et al. Metaboli-net: online groupware system providing counseling guidance for patients with metabolic syndrome. Stud Health Technol Inform. 2010;156: 65-70

Kuwata S, Taniguchi SI, Kato A, et al. System Design of Web-based Patient Education Tool, Metaboli-Net, for Prevention of Lifestyle-related Diseases the electronic Journal of Health Informatics (in press)
・Osaki Y, Taniguchi SI, Tahara A, et al. Metabolic syndrome and incidence of liver and breast cancers in Japan. Cancer Epidemiol. 2012 Apr;36(2):141-7

Shimohiro H, Taniguchi S, Koda M, et al. Association between serum soluble low-density lipoprotein receptor levels and metabolic factors in healthy Japanese individuals. J Clin Lab Anal. 2015 Jan;29(1):52-6

Ueno S, Hamada T, Taniguchi S, et al. Effect of Antihypertensive Drugs on Uric Acid Metabolism in Patients with Hypertension: Cross-Sectional Cohort Study. Drug Res (Stuttg). 2016 Sep 19. [Epub ahead of print]

甲状腺 Matsuzawa K, Izawa S, Ohkura T, et al. Implication of intracellular localization of transcriptional repressor PLZF in thyroid neoplasms. BMC Endocr Disord. 2014 Jul 3;14:52.

 

 

 

診療 Practice

総合診療では、赤ちゃんから高齢者の看取りまで幅広い年齢に対し、内科や外科、小児科などと言った臓器別の分類によらずあらゆる健康問題を取り扱います。総合診療外来を中心としながら、救急、病棟、在宅など様々な場面で活躍します。

 

 

鳥取大学医学部附属病院

高度医療機関として地域の総合診療医と連携している施設であると同時に、地域医療学講座が同キャンパス内にあり、様々なイベントや教育が行われます。

鳥取大学医学部附属病院の詳細はこちら(外部サイトへ移動します)

日野病院

2014年鳥取大学初のサテライトセンターができ、地域医療学講座が総合診療科として総合診療外来、内科病棟、急患対応、在宅医療などを行なっています。4人の総合診療医が中心となって、鳥取大学の臨床実習を実施している場所でもあります。またICTを活用した在宅と病院の情報連携事業など診療の質を改善する事業も実施しています。

日野病院の詳細はこちら(外部サイトへ移動します)

大山診療所

総合診療のフィールドの一つで、地域医療学講座スタッフが医療支援に入っています。地域に求められる課題探索にも同地域に入っており、町全体を見ながら医療提供体制を議論しています。

大山診療所の詳細はこちら(外部サイトへ移動します)

江尾診療所

地域医療学講座スタッフが医療支援を行なっています。町に唯一の診療所として行政と連携した医療提供体制やサークルを通した地域医療教育の実績豊富な診療所です。

江尾診療所の詳細はこちら(外部サイトへ移動します)

鳥取県立中央病院

総合内科のスタッフと連携し、今後総合診療プログラムの領域別研修や病棟実習などを実施する施設として協力していく予定です。さらに総合内科スタッフと共同臨床研究なども見据えたオンライン会議を毎月実施しています。

鳥取県立中央病院の詳細はこちら(外部サイトへ移動します)

鳥取市立病院

鳥取県東部で唯一家庭医療専門医/指導医が集まる総合診療の拠点です。病棟/外来業務を中心としながら、病院型の総合診療医の育成実績があります。

鳥取市立病院の詳細はこちら(外部サイトへ移動します)

 

 

 

地域活動 Community Care

日野町

日野病院のサテライトセンター(地域医療総合教育研修センター)を中心に、黒坂地区をモデル地区に指定し、継続的な関わりを持っています。 黒坂春夏秋冬セミナー:医学生、看護学生、リハビリの学生(米子医療福祉専門学校)が一緒になって通年のプログラムを実施しています。 日野町健康福祉課と連携し、地域の公民館や集会所でおしどり学園やぽかぽか教室と題して、地域住民を対象に健康講話を実施しています。 日野町がん検診の会場で、がん検診に関する健康講座を実施しています。 日野中学、根雨小学校、黒坂小学校、日野高校で命の授業をはじめ、様々な健康教育、キャリア教育を実施しています。 地域の介護施設などと一緒に見える事例検討会なども実施しております。

米子市

義方町岩倉地区で実施されている「ほっとギホーター」や岩倉ふらっとプロジェクトなどの活動をしています。

鳥取県中部地区

学生が中心となった梨農家への聞き取り健康調査を実施しています。

地域医療学について トップへもどる